リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、病気や怪我が原因で身体が不自由になった方の回復を助け、支援します。 理学療法(体を動かす:筋肉の力をつける)・作業療法(道具を使う:筋肉の動きをよくする)、言語聴覚療法(話す事と食べる事:口・のどの動きをスムーズにする)があり、生活環境に適応できるよう治療しています。

診療内容

  • 脳卒中や頭の怪我など、脳神経外科に関する方の支援。
  • 骨折やじんたい損傷、せきずいや関節など整形外科に関する方の支援。
  • やけどや怪我、手足の切断など外科に関する方の支援。
  • 肺炎やぜんそくなど慢性的な呼吸器に関する方の支援。
  • パーキンソン病、リウマチなどの難病の方の支援。
  • 誤嚥(飲み込みむ時の障害)を原因とする肺炎や飲み込み障害の方の支援。
  • 失語症など、脳機能に障害を持つ方の支援。
  • 手術前に、術後の筋力・体力低下を予防するための訓練。
  • 加齢や長い間病床に付していらした方の筋力・体力低下を改善するための訓練。
  • 杖や装具、福祉用具などの相談。

などなど

リハビリテーション科担当 布目医師より

リハビリテーション科担当医より

・理学療法では、治療体操・運動療法を用いて起きる、座る、立つ、歩くといった基本的動作能力の改善を図ります。
・作業療法では、着替え、食事、トイレなどの日常生活の問題に対して、様々な作業活動を通して適応する能力を向上させます。
・言語聴覚療法では、様々な原因で生じるコミュニケーションの障害、嚥下障害などの問題に対して回復を図ります。
・電気、温熱、光線など物理的手段を用いて血液循環・疼痛を改善します。
・急性期から慢性期まで幅広く対応します。
・身体の回復だけでなく、より良い生活が送れるよう支援します。

地域連携クリティカルパスの患者さんに

急性期病院での治療を引き継ぎながら、個々の患者さんにとって一番必要なリハビリテーションを行います。明るく、楽しいスタッフとともにリハビリを頑張りましょう

3つのリハビリテーション「理学療法」「作業療法」「言語療法」
  • リハビリテーションの設備
  • リハビリテーションの設備
  • 退院後のリハビリテーション

    退院後、通院が難しい患者さんには、関連施設「デイケアはるのうみ」から通所リハ・訪問リハをご利用頂けます。

  • リハビリテーションの設備

回復期リハビリテーション病棟 平成26年春 オープン!

彦根中央病院では平成26年春、回復期リハビリテーション病棟をオープンしました。

回復期リハビリテーション病棟とは、急性期を脱した患者さんの日常生活能力の向上及び在宅復帰を目指すため2000年に新設された病棟のことです。

脳卒中や大腿部骨折、廃用症候群などある程度限定された患者さんが入院し、リハビリ医や理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、その他医療従事者の支援で集中的な訓練に取り組みます。また、患者さんの状態や家庭環境を踏まえ、病棟内のスタッフカンファレンスに加えて、患者さんやご家族を含めたカンファレンスを行います。

リハビリテーション病棟
ページトップへ戻る