薬局

看護局長からのご挨拶

病院内での他の職種のスタッフ(医師、看護師等)とともに、連携し協力しながら患者さんのためにより良い医療が提供できるように、お薬に関連するいろいろな業務に取り組んでいます。そのために、新しいお薬の勉強だけでなく、薬局内独自に定期的に勉強会を開催し知識の向上だけでなく、他部門とのコミュニケーションの強化を常に心がけて日々の業務に就いています。

調剤業務(内服薬・外用薬・注射薬)

外 来

診療全科において院外処方箋を発行し、患者さんがお薬を受け取られる際の便宜を図っています。 外来ホールには、ファックスコーナーがありますので院外処方箋の場合は、このファックスをご利用いただけます。

入 院

医師による処方箋に基づき、安全で適正にお薬が使用できるように処方箋の記載内容を十分にチェックして調剤した後、調剤監査を行い患者さんに与薬(払出)を行なっています。

調剤業務(内服薬・外用薬・注射薬)

無菌調整

高カロリー輸液等の調製は、医師の指示に基づき、開始日や処方内容を十分に確認し、調製(無菌状態での混合)します。

無菌調整

薬剤管理指導業務

入院中の患者さん(ご家族含む)に、お薬を安全に正しく使っていただくために説明をし、副作用発現の防止や早期発見にも配慮しています。また、入院時に持参されたお薬については、内容について調べた上での情報を医師へ提供し、薬物治療の安全性に対処しています。退院時には、「お薬手帳」を交付し、患者さんのお薬について他の医療機関との連携や情報の共有化を図り、患者さんの今後の服薬についての有効性・安全性に努めています。

薬剤管理指導業務

医薬品管理業務

病院内で使用するお薬の発注を行い、納品されたお薬の保管管理や在庫調整を行ないます。その中で特別な管理を必要とするお薬(麻薬・向精神薬、血液製剤等)は、保管管理だけでなく使用状況等についての記録の管理も行なっています。

医薬品管理業務

医薬品情報業務

院内で使うお薬についての情報を収集し、お薬の安全性、適切な使用の促進、採用薬品の検討資料等に活用できるように、必要な情報を医師や看護師等へ発信しています。

医薬品情報業務

その他

医療チームの一員としての責任ある仕事を遂行するために研修会、勉強会へ参加したり、院内の各委員会(事故防止対策、院内感染防止対策、褥瘡対策)へ参加して、業務が円滑に進むよう努力しています。

また、必要に応じて医師の要望指示により独自にお薬をつくったり、(院内製剤)新しいお薬の研究開発のために製薬会社の調査などへ協力する仕事などにも係ります。(治験薬・市販後調査業務など)

その他
ページトップへ戻る