看護局長よりご挨拶

看護局長からのご挨拶

看護局長よりご挨拶

 

 

彦根中央病院は、地域の人達のニーズに応え昭和45年4月の開院以来、土曜日・日曜日に通常の診療をおこなっています。 患者さんが仕事を休まずに、いつもと同じ治療を受けることができるように他の病院が休診日の場合の受け入れ体制を整えています。

高齢の患者さんを受け入れるために介護病棟60床、療養病棟96床を運用しています。また、近隣の急性期医療機関が円滑に機能するためのバックアップとして地域連携を通して各施設より年間平均360人の患者さんを受け入れています。

少子化社会の中、看護師不足は明らかであり一人でも多く看護師になって頂きたいとの思いから看護師の資格を習得したい意欲のある人達には経済的支援(奨学金制度)・看護学校への入学の支援と卒業までのフォローアップをしています。又、卒業後は、当院に入職して卒後教育プログラムを受け日々成長して頂いてます。

専門職としての自立に向けて当院のクリニカルラダーを基にレベル別能力に応じた教育を実施しています。キャリアアップのための院内外の研修参加に於いては病院からの全面的な公費支援があります。

看護研究にも力を入れており毎年日本看護学会・近畿看護学会等数多くを発表しています。

「お互い様」をモットーに子育て中の職員には安心して子どもを預けられる院内24時間託児保育・学童保育を利用してもらっています。突然の子どもの病気に関しては看護休暇を利用し、働く看護職仲間がお互いに「支える、支えられる」関係で安心して働き続けられる環境を作っております。

…………………………………………………………………………………

※クリニカルラダーとは

看護師としての専門知識や技術を段階的に身につけられるよう計画されたキャリア開発プランのことです。看護実践能力開発プログラムなどとも呼ばれ病院ごとに設けられます。クリニカルラダーの”ラダー”とは梯子(はしご)のことです。 クリニカルラダーを設定することで、看護師の実践能力を高めたり看護師としての将来像を明確化させたりするほか、人事評価の判断にも役立っています。

彦根中央病院のクリニカルラダー詳細資料はこちら

ページトップへ戻る